熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 阿蘇市 阿蘇八石伝説のいぼ石

<<   作成日時 : 2010/05/30 06:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 0

2010年 5月26日   阿蘇市 阿蘇八石伝説のいぼ石
 阿蘇に伝説として語り継がれている「阿蘇の七鼻八石(ななはなやいし)」の一つ「いぼ石」です。国道57号線の滝室坂手前の饅頭屋さんで聞いたら「ここにありますよ。3個あって家の左右に、それに「本いぼ石」は下の田圃の畦に今は小さくなってしまったけれどあります。」とのこと、思っていたより小さな岩でした。大石の上のくぼみに溜まった水をいぼにつけるといぼが取れると言われていたそうです。


本いぼ石
画像 画像

画像 画像

くぼみの水はこれでしょうか?
画像

饅頭屋さん左側の石
画像 画像

饅頭屋さん右側の石(今はここに説明板があります。)
『阿蘇の神話、民話伝説にまつわる奇石巨岩の代表八石の内の一つ。上部の杯状穴に溜まった水をイボにつけると取れるとの信仰から「瘤石」の名がついたと言われている。 さかなし宿場会』
画像 画像

参勤交代道跡(滝室坂) 饅頭屋さんの前から国道脇に道が続いています。
『滝室坂は、参勤交代(豊後街道)の最大の難所であった。全長約3qで高低差約220mのこの滝室坂は全て石畳であったが現在はその一部が残っている。又、この滝室坂では西南の役で政府軍(官軍)と薩摩軍(西郷軍)の戦いがあった場所でもある。下から攻める薩摩軍は上から迎え撃つ官軍に敗北した。現在の滝室坂は国土交通省が管理する国道57号線が整備されている。』
画像 画像


場 所
熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
阿蘇の風景
2010年 5月26日   阿蘇の風景  南阿蘇村から阿蘇山上に上り、阿蘇市内に下り、波野に滝室坂を上り、更に産山村を九重の山裾まで上り、「やまなみハイウェイ」から「ミルクロード」経由とほぼ阿蘇盆地を一周しました。今までと見え方が異なった場所等を紹介させて頂きます。 南阿蘇村 ルーガーデン「Dear ROSE」 池の窪  南阿蘇村から南登山道を上っていくと、今まで通り過ぎていた池の窪の牧場に池が見えたので寄ってみました。 ...続きを見る
熊本の花所
2010/05/30 06:34
阿蘇市 阿蘇八石伝説の鏡石と阿蘇の風景
2010年 8月10日   阿蘇市 阿蘇八石伝説の鏡石と阿蘇の風景  阿蘇に伝説として語り継がれている「阿蘇の七鼻八石(ななはなやいし)」の一つ「鏡石」です。説明に黒曜石となっており、なぜ阿蘇山上に黒曜石があるのだろうか?黒曜石といえば故郷長野県の同じ郡内、小県郡(ちいさがたぐん)の和田峠が産出地で縄文・弥生時代には矢尻石として全国に流通したと学んだ覚えがあります。  場所は、阿蘇山上ロープウェイ駅の左奥にある、西巌殿寺奥之院・御堂前左側ににある小さな足手荒神堂の中に安置されています。... ...続きを見る
熊本の花所
2010/08/14 07:52
阿蘇市 阿蘇八石伝説の箱石
2010年 8月17日   阿蘇市 阿蘇八石伝説の箱石   「国道265 号線、箱石峠の左山手に重箱を三段重ねたような珍しい石で、約7mあります。」との説明を頼りに訪ねてみました。高森町側から行ったので、説明とは逆に箱石峠を下ることになります。峠の一番上の部分から眺めますが、それらしき石は見当たらず、少し下ると右側の小山の上にそれらしき石がありました。それから少し下るとやはり右側(峠を上ってくると左側)に「箱石名水」がありました。そこに車を止めて、山裾の草を刈った部分があったので、そこか... ...続きを見る
熊本の花所
2010/08/22 06:21
阿蘇市 阿蘇八石伝説の鷲の石
2010年 8月17日   阿蘇市 阿蘇八石伝説の鷲の石  山田字鷲の石にある大石(岩)です。訪ねながら地区まで行って、通り掛ったおばさんに聞くと「納骨堂の左から入って行って、竹薮を上った中にある。」とのこと、地区の裏手に竹薮はあったもののどこに鷲の石はあるのだろうか?けんとうで道があったような所を上ったら、竹薮が刈り取られ、通路のように鷲石まで続いていました。鷲の石は鷲の生息に関係して名付けられたようです。石が地区名の元になっているのですね! 阿 蘇 七 鼻 八 石阿蘇八石伝説の箱石... ...続きを見る
熊本の花所
2010/08/23 07:32
阿蘇市 阿蘇八石伝説の鼻ぐり石と周辺
2010年10月 6日   阿蘇市 阿蘇八石伝説の鼻ぐり石  阿 蘇 七 鼻 八 石に説明されている『「鼻ぐり石」は同町内牧湯浦の原野にある大石で、牛のはなぐりを通すような穴があるため、このように呼ばれています。』を頼りに訪ねてみました。地元の方にお聞きするのですがなかなか分からず、この人だったら知っているだろうという方にも電話で聞いてもらったりしたのですが、「話は聞いているが場所までは分からない。」とのことで、半分あきらめての帰り道、それでもと通りにおられたおばさんにお聞きすると、「以... ...続きを見る
熊本の花所
2010/10/09 10:34
高森町   阿蘇八石の境石はどれか?
2015年 5月22日   高森町   阿蘇八石の境石はどれか?  高岳にあるという「境石」、インターネット上の「阿蘇七鼻八石」に「阿蘇町黒川と高森町色見の境にある大石で高岳にあります。」と説明されているのが唯一の情報、さてどこに有るのでしょうか?「境石」の候補になるかなと思われる石、岩の写真を撮ってきましたので紹介させて頂きます。どなたか「境石」を特定できる方がおられましたら、コメントにご連絡をよろしくお願いいたします。  今回連れて行ってくれた、阿蘇には月1回以上は登っておられるの... ...続きを見る
熊本の花所
2015/05/30 06:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
阿蘇市 阿蘇八石伝説のいぼ石 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる