熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 八代市 「遥拜頭首工管理」近くの桜

<<   作成日時 : 2010/04/03 07:49   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010年 3月28日   八代市 「遥拜頭首工管理」近くの桜
 球磨川に平安時代末から鎌倉時代初めにかけて杭瀬が造られた場所で「遥拜の瀬」と呼ばれていたそうです。現在では近代的な堰に変わり、管理事務所等工事を記念して桜が植えられた公園になっています。桜は、豊葦原神社とその裏山に咲く桜が一体になってなかなか見事です。
『遥拜頭首工の歴史
 八代最古の大仕掛けな農業用水堰で、古くは八代城主名和氏時代に川の中に杭を立て並べ、しがらみを施した杭瀬といわれる用水堰がありました。約360年前、加藤清正により大型の石割や自然石を用いて石堰に改築されたと伝えられています。昭和23年にコンクリート造りとなり堰の高さは3mに強化され、水田かんがいの要となりました。日本経済の発展にともない、農業経営も近代化の必要性にせまられ、八代地方の農業も大きく発展すべく八代平野農業構造改善土地改良事業が進められることとなりました。これに伴い農業用水等の確保が必要になり、昭和42年フローチングタイプの頭首工が築造され、旧堰は取り壊されました。昭和36年から平成3年まで堤体及び護床工事の改修を終え、現在に到っています。』


豊葦原神社からの眺め
画像

画像 画像
球磨川(遥拜頭首工)の眺め
画像
肥薩おれんじ鉄道の鉄橋、九州自動車道の橋が直ぐ近くに見えます。
画像 画像
遥拜頭首工管理の桜
画像 画像

画像 画像

画像 画像


場 所
熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
八代市 豊葦原神社と裏山の桜
2010年 3月28日   八代市 豊葦原神社と裏山の桜  遥拜頭首工の桜の上に、豊葦原(遥拜)神社とその裏山に上る曲がりくねった道沿いの桜が一体となって、球磨川の対岸からも良く見えました。  裏山の道路脇に『九州西廻り自動車道路建設に伴う索道代替道路として各位の用地提供並びに地域の協力により平成7年4月完成す。』の碑が建っていましたので、桜もまだそんなに年数は経っていないのかもしれません。上って行くと球磨川や八代市内も眼下に見ることができました。 「遥拜頭首工管理」近くの桜 ...続きを見る
熊本の花所
2010/04/03 07:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
八代市 「遥拜頭首工管理」近くの桜 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる