熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 菊池市 兵戸公園のモミジ(2009年-4)と黄金の瀧

<<   作成日時 : 2009/11/23 07:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2009年11月18日   菊池市 兵戸公園のモミジ(2009年-4)と黄金の瀧
 これで今年4回訪れました。ようやくこのモミジの一番の見頃を迎えているようです。しかし、今年は本来の姿にはほど遠いのかもしれません。こんなモミジをを見たかったのですが、既に先に色付いた葉は散って片側から見ると寂しい状況でしたので、今年は見れそうにありません。
 ということもあり、今回は兵戸トンネルを抜けて大分県上津江に入ってみました。トンネルを抜けて少し下ると「フィッシングパーク」があり、直ぐ下でユータンしようとした場所に「黄金の瀧」がありました。そんなに大きな滝ではありませんが、綺麗な滝でした。車で走っていると見過ごしてしまうかもしれません。


画像     画像

画像     画像

画像

画像 画像

画像   画像


黄金の滝付近
 道路脇に棟方志功との逸話が説明されていました。
『「なに−黄金の瀧と?」「そうですよ。この付近は昔、金が採れていたので、誰言うとなく黄金の瀧と・・・・・」志功は滝壺の淵に縁に佇み、周囲の青葉を震わせながら、音をたてて滔々と溢れ落ちる水勢に息を呑んだ。「うーむ。それはそうと秋ともなれば周囲の紅葉が映えて、この瀧は黄金色に輝くであろう。その見事な様が目に浮かぶ。」瀧の勢いと響きに心を任せていた志功は、やがて画帖を取り出し、力強いタッチで筆を走らせた。鴉が一羽滝壺をかすめ去った。昭和47年(1972)8月のことである。九州各県の景勝を歴訪された日本版画界の巨匠棟方志功先生は上津江村笹野を訪ねて、「黄金の瀧」に痛く心を動かされ、後に版画に彫られ「続西海道棟方版画集」(8月の棚)に収められた。・・・・・・・』
画像   画像

画像 画像

画像


場 所
熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
菊池市 兵戸公園のモミジ(2009年-4)と黄金の瀧 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる