熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 山鹿市 相良のアイラトビカズラ

<<   作成日時 : 2008/05/06 06:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008年 5月 5日   山鹿市 相良のアイラトビカズラ
 国指定特別天然記念物に指定されており、国内ではここ一ケ所にしかないそうです。(最近までは一ケ所ということでしたが、他にも見つかったようです。)相良観音に向かう途中にあり、藤棚と同様の棚に赤紫のような花を房状に咲かせていました。以前は何年に1回咲くかでしたが、この所毎年咲いているようです。今年は例年に比べて花の数が多いのではないでしょうか。枝も茂り、棚の中は暗いのでストロボを使用しないと撮影できない状態でした。相良観音にも株分けしたものが植えられています。


画像

画像 画像

画像 画像

画像 画像

画像 画像

相良観音の分植樹
画像 画像

画像

相良観音のツツジ 本堂の裏にツツジが咲いていました。
画像

画像 画像

アイラトビカズラの現地説明
中国名:常春油麻藤(チュウチャンユマトウ、じょうしゅんゆまとう)
 マメ科のつる性の常緑本木。つるは大きく、葉は濃緑色で光沢がある。5月に太い茎を出し、10〜20個の暗紫色の大きな蝶形の花をつける。普通は結実しないが、昭和37年に人工授粉により結実させた結果、中国中部に分布する常春油麻藤と同じ種類であることが確認された。日本ではただ一本自生する貴重な植物で、樹齢は1000年と推定される。
飛蔓(トビカズラ)伝説
 昔、源平合戦の頃の話である。壇ノ浦の合戦で敗れた平家の残党が相良寺に立て籠もった。当時、この地には本堂ほか九十九の坊舎が建ち並んでたというが、これを豊後竹田の源氏方武将緒方三郎なるものが焼討した。この時、観音様は飛翔してこのカズラに飛び移り危うく難を逃れられたという。また、一説には、観音様がカズラに姿を変えて飛来され、走落の坂を下る緒方三郎の乗馬の足にからみつかれ、落馬した所を残兵が討ち取ったとも伝える。
霊華「優曇華」(うどんげ)
 トビカズラの華は古来優曇華と呼ばれ、「霊華時を隔てて開花することあり。開花すれば必ず国事的事変がある。」と言い伝えられてきた。昭和4年5月、満州事変勃発の前年に35年ぶりに開花をみたという。優曇華は、仏教では3千年に一度花を開きその花の開くときは金輪王が出現するといい、また如来がこの世に現れるといわれている。近年では4月下旬から5月上旬にかけて暗紫色の房状の花を付けている。』

場 所
熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
山鹿市 相良のアイラトビカズラ(2009年)
2009年 4月13日   山鹿市 相良のアイラトビカズラ(2009年)  例年5月の連休頃に咲くので、早いといってもまだだろうなと思いつつ様子見に訪れてみました。驚いたことにもう相当数の花が咲いていました。棚にぶら下がった赤紫の花はブドウの房にも似ている感じです。この花が咲くと世の中に大きな事変があると言われていて、あまり歓迎したくない気にもなってしまいますが、毎年花を咲かせるようになっているようです。 2008年 相良のアイラトビカズラ ...続きを見る
熊本の花所
2009/04/15 06:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
山鹿市 相良のアイラトビカズラ 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる