熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 熊本市 叢桂園(そうけいえん)

<<   作成日時 : 2008/02/07 09:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008年 2月 4日   熊本市 叢桂園
 肥後藩医学校「再春館」の師役村井家の別荘の跡で、庭園が残されています。秋には紅葉が素晴らしいようですが、まだ新緑も見られないこの時期、訪れる人も無いようです。
 島崎地区には、島田美術館、百梅園、叢桂園、釣耕園、三賢園、西の武蔵塚等と歴史を感じさせる場所が集まっており、昔を偲び散策するのも良いのではないでしょうか。
 また、叢桂園の上に広がる石神山公園は広々とし、ドッグランも用意されていますので、人間は公園でウォーキング等楽しめます


叢桂園
現地説明
 叢桂園は江戸時代肥後の文化医学教育に貢献した村井家歴代の別荘跡である。村井琴山(1733年〜1815年)が工をおこし、その子蕉雪(1769年から1814年)の代に完成した。園の入り口に「出者不遂入者不拒 山家自然妙境」と刻んだ石がある。揚子江・洞庭湖を象った池があり遣水が流れている。頼山陽はじめ多くの文人墨客が訪れた。村井琴山の父見朴(1702年〜1760年)は藩主細川重賢に藩立医学校「再春館」設立を建議し、宝暦7年開講した。「患者を身分貧富で差別せず、治療技術のみでなく学理を学ぶ、師弟関係を尊重する」を教育方針とした。村井琴山は京都の山脇東洋や吉益東洞の教えを受け古医方を唱え、医道二千年眼目編・和方一万方などの著書を残し多くの門下生を指導した。その子蕉雪も医業を嗣ぎ再春館医学監を務めた。
                           平成11年4月   日本東洋医学会熊本県部会

 入り口近くに梅の花が咲き始めていました。園内には秋に散った紅葉の葉が落ちており、再度秋に訪れてみたいと思います。
画像 画像

画像 画像

画像 画像

石神山公園への道
 駐車場から案内に従い、竹林を登ると、途中に梅が10本程度植えられていました。
画像 画像

画像 画像

石神山公園
 最近整備された公園のようで、山の麓に広々としたウォーキングコースが設けられています。また、ドックランがフリー、小型犬用と2ケ所設けられています。
画像 画像


場 所
熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
熊本市 島崎地区・叢桂園の紅葉
2009年11月26日   熊本市 島崎地区・叢桂園の紅葉  肥後藩医学校「再春館」の師役村井家の別荘の跡です。建物は有りませんが、庭園が残されており、モミジの紅葉が青空に映えていました。昨年は少し早かったようですが、今年は今が見頃のようです。 2008年 島崎地区(叢桂園・釣耕園・三賢堂)の紅葉     春 の 叢 桂 園 ...続きを見る
熊本の花所
2009/11/28 08:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
熊本市 叢桂園(そうけいえん) 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる