熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 熊本市 島崎地区の散策

<<   作成日時 : 2008/02/12 11:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 2

2008年 2月11日   熊本市 島崎地区の散策
 先日、叢桂園(そうけいえん)の紹介の中で、近くにある文化的施設等について触れましたが、一度訪ねてみたく、比較的穏やかな天気に誘われて散策してきました。詳細は各個別の記事をご覧願います。
 叢桂園の駐車場に車をとめ、次のルートを徒歩で散策してきました。

1、叢桂園(そうけいえん)
 叢桂園は江戸時代肥後の文化医学教育に貢献した村井家歴代の別荘跡である
画像



2、釣耕園(ちょうこうえん)
 叢桂園から車道に出て、上方に向かってカーブした所に広場のような場所があり、左に沿って入っていくと入り口があります。(ここに駐車することもできそうです。)
 叢桂園の直ぐ北側に隣接する、肥後藩五代藩主綱利(つなとし)が作った「お茶屋」と呼ばれる別荘で個人の所有ですが、見学することができます。
画像



3、三賢堂
 釣耕園を出て、更に上方に向かうと、三賢堂があります。入り口が閉まっている感じですが入場することができます。
現地説明
 『三賢堂は熊本出身の政治家安達謙蔵(1864〜1948年)により精神修養の場として昭和11年この地に立てられました。
 堂内には肥後の三賢人として、南朝の忠臣菊池武時、肥後の藩政を確立した加藤清正、細川家の中興の祖細川重賢の坐像が田島亀彦、朝倉文夫、長谷秀夫ら彫刻家の手で製作され安置されている。
 三賢堂の下にある家屋は安達謙蔵の旧居で原泉荘、書斎は備於斎と名付けられ昭和24年遺言により熊本市に寄贈された。   熊本市』
画像

画像



4、西の武蔵塚
 今来た道を叢桂園方面に戻る途中に石段の上り坂がありますので、登って広い車道を左折して15分程度上って行きます。市営アパートを過ぎて右手に案内標識がありますので、それに従って300m進めば「西の武蔵塚」です。帰りは真直ぐ車道まで下りました。
 車で行く場合は、叢桂園に入る交差点を逆に右折(熊本市内から)し、先を左折して行きます。市営アパート付近で駐車して徒歩で行ったほうが無難かもしれません。
画像



少し車道を戻った所で、右折し三賢堂が下に見える道路まで急な坂道を下りました。
→(今回は行きませんでしたが、ここで岳林寺に寄って)
岳林寺
 隈本と書かれていた天正年間(1573年〜92年)の城主・城親賢(じょうちかまさ)公の墓があります。植木市は親賢が病床にあった子息を慰めるため、市を開いたことが始まりと言われています。

画像 画像


→三賢堂 → 叢桂園に戻って、その先にある百梅園へ
5、百梅園
 叢桂園に入る道路をそのまま行き、「長命水」を見ながらカーブしたら、直ぐ右側に石の標識が立っていますので、急な石畳の道を登ります。(ここに6台程度の駐車場があります。)

 百本の梅が植えられていたことから「百梅園」と名付けられたようです。谷尾崎梅林公園とともに梅の名所として知られています。先日訪れた時に比べると白梅が賑やかになってきたようです。
画像


長命水 百梅園の下、入り口手前にあり、今でも水が湧いています。
画像

『古来西渓の名水と称せられ、水質の柔らかなるところから風雅人士がこの水を以って煎茶の湯とした。明治の末迄この水を小樽に詰めて市内に運び生計を営んでいたものもあった。』というぐらい名水だったんでしょうね!

6、石神山公園
 百梅園の一番上から右に行くと、「石神山公園」です。平成18年度竣工のまだ新しい公園です。三賢堂の方から車で上れます。
画像 画像

天空広場には自分を柱にする日時計もあり、熊本城も遠望することができます。
画像 画像



今回は、石神山公園(ドックラン脇)から叢桂園の駐車場に下りました。このルートに宮本武蔵の肖像画で知られる「島田美術館」、桜の時期には「城西小学校の千原桜」を訪ねられることをお勧めいたします。

島田美術館  2008年 2月20日
 24日まで「近世肥後の文武 − 清正、忠興、ガラシャ、武蔵から松本喜三郎まで」ということで、再開記念展の期日が迫ったので行ってきました。宮本武蔵の肖像画、「枯木鳴鵙図」「芦雁図」、信長、秀吉、家康等の書簡、ガラシャ夫人の遺品等を見ることができました。


画像 画像

画像



場 所
熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
熊本市 島崎地区(叢桂園・釣耕園・三賢堂)の紅葉
2008年11月19日   熊本市 島崎地区(叢桂園・釣耕園・三賢堂)の紅葉  2月に島崎地区の散策として紹介させて頂きました。その時にモミジが多く見られたので、紅葉の時期に訪ねて見ました。まだ見頃には少し早いのでしょうか?もっと素晴らしい紅葉になることを期待したいですね! 1、叢桂園(そうけいえん)  叢桂園は江戸時代肥後の文化医学教育に貢献した村井家歴代の別荘跡である。       2、釣耕園(ちょうこうえん)  叢桂園の直ぐ北側に隣接する、肥後藩五代藩主綱利(つなとし... ...続きを見る
熊本の花所
2008/11/21 08:55
熊本市 釣耕園(ちょうこうえん)のシャクナゲ
2009年 4月11日   熊本市 釣耕園(ちょうこうえん)のシャクナゲ  石楠花が咲くと紹介されており気になっていたのですが、訪ねるのが遅かったです。約10本程度の背丈より大きな木になっていますが、既に咲き終わって数輪枯れかけて残っているだけでした。他の大きな木の木陰になっているため花付はそんなに良く無いようです。知っておられる方は訪れているのでしょう。木の下には踏みしめられた通路もありました。 島崎地区の散策 ...続きを見る
熊本の花所
2009/04/13 07:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
家から歩いて30分。
自転車で10分の場所ですがなかなか足が向くところではありません。
長命水はバイパスの工事の影響で飲まないほうがよくなったらしいです。
石神山公園は去年出来たばかりで、商店街のイベントが中心です。
いつかロアッソ熊本のイベントも行って欲しいです。
井上
2008/02/12 14:06
井上 さん お早うございます。
 本妙寺周辺からだと本当に近いですよね!藤崎台のトンネルを抜けるとちょっと方角が分からなくなります。叢桂園付近も道路工事がまだ続いています。
 石神山公園は結構大きな公園ですから、家族連れの催しがある場合、ロアッソ熊本の選手も、もっともっとPRして欲しいですね!高橋稲荷初午大祭は行きそこないました。
 2月24日の百梅園「梅まつり」も石神山公園に駐車して行くのが良いかもしれません。
熊AVI
2008/02/14 08:00
熊本市 島崎地区の散策 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる