熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 美里町 御坂遊歩道日本一の石段

<<   作成日時 : 2007/11/11 07:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 2

2007年11月 9日   美里町 御坂遊歩道日本一の石段
 これまでも彼岸花の時期に上り口まで来ていた「日本一の石段」。一度は上ってみたいと思っており、五家荘の紅葉に魅せられて、紅葉も良い時期かなと思いたって行って来ました。
 3,333段ある石段、簡単に上れると思っていましたが、上りも下りもしんどかったです。紅葉は石段部分はまだ早かったですが、釈迦院まで上ると真っ赤な紅葉を見ることができました。



上り口の石段
 まだ100段位は疲れも感じません。ここを「これで今日6回目です。」という方もおられて、その健脚振りに驚かされます。
画像 画像


牛の御法神
 現地説明 「今を距る千二百年の昔、釈迦院開祖の為、時の名僧ソウ善大師が霊地を求めてこの地に登り給えば、大威徳明王黒牛に乗り妙法のつづみを鳴らし出現有り。我常にこの山を守護しみだりに風俗の山に入るを許さず。然るに縁熟の時至りて師来る。吾本懐既に達したり。疾く参上に登り給えと姿は消え失せ去りぬ。これが牛の御法神である。以来無病息災、所願成熟、五穀豊穣はもとより牛は神様のお使いとして、また学問の神様として信仰を集めるとともに、畜産の神様としても親しまれているところである。」
 お堂には、牛に乗った大威徳明王が祭られています。
画像 画像

画像

300段ぐらい上った所で、「まだ十分の一。」大変さを段々に理解し始めます。

1000段付近
 ピラカンサが真っ赤な実をたわわに付けていました。まだ余裕を持ちながら一定の速さで上っていきます。
画像 画像

 中間地点で上り始めて45分、早い人だと上ってしまう時間だそうです。そろそろ休みたくなり水分補給。
2000段付近
 飛び石の道、歩きやすいようで、かえって石段になれた足には歩きにくい感じ。
画像

 ここからは、山も見え、近くに黄葉した木も見えて、ほっと一息つけました。
画像 画像

2000段を過ぎた所から、韓国、中国、ソ連等の石で作られた石段が続きます。

3000段付近
 あと333段なんですが、足に疲れが感じられ、自分で思うようには上がれません。後から来た年配の方にも追い越されて、最終地点の遠いこと。
画像 画像

3300段 あと33段ですが、一気にという訳にはいきません。
画像


頂 上
 「白龍が昇るが如し石段は三三三三で日本一」の碑を目にして、上りきった達成感とともに、足がガクガクするような感じでした。上り終えて見下ろす石段もまた格別な思いがしました。
画像 画像

釈迦院への石畳
画像

 釈迦院は、ここから石畳の道を1.1q。逆に釈迦院まで車で行き、石段の頂上を見るために歩いてきている方もおられました。ここから展望台経由で遠望の山を眺め、所々に真っ赤な紅葉をみながら、なだらかな道を釈迦院まで行きました。

御坂遊歩道日本一の石段についての現地説明
 「この御坂遊歩道は、第五十代桓武天皇の病気平癒の功績により、ソウ善大師が延暦十八年(西暦七九九年)に開山した金海山大恩教寺釈迦院の表参道である。
 御坂遊歩道整備事業は、この由緒ある道「御坂」を石段により復元したものであり、昭和五十四年一月に着工し、昭和六十三年三月に延長1,900メートル三,三三三段の石段が完成したものである。・・・・・」

場 所

熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
八代市 釈迦院の紅葉
2007年11月 9日   八代市 釈迦院の紅葉  金海山大恩教寺釈迦院は、第五十代桓武天皇の病気平癒の功績により、ソウ善大師が延暦十八年(西暦七九九年)に開山した由緒あるお寺だそうです。表参道の御坂遊歩道(日本一の3,333段の石段)は美里町にあります。石段の頂上から1.1km石畳の道を歩くと八代市(旧泉村)の釈迦院に着きます。 釈 迦 院 御坂遊歩道 日本一の石段 ...続きを見る
熊本の花所
2007/11/12 08:13
美里町 釈迦院の石段付近のヒガンバナ(2010年)
2010年 9月28日   美里町 釈迦院の石段付近のヒガンバナ(2010年)  3333段の日本一の石段の上り口の斜面に彼岸花が咲きます。彼岸花の咲く上には裏側から車で近くまで行けます。そちらも棚田に咲く彼岸花が綺麗です。そろそろ涼しくなって石段を上られる人達も増えてくるのでしょう。この時期はまだ訪れる人も少なく、咲いている彼岸花がもったいないような気にもなってしまいます。 2007年 釈迦院の石段付近のヒガンバナ     御坂遊歩道日本一の石段 石段上り口前の彼岸花  上の彼岸... ...続きを見る
熊本の花所
2010/10/03 06:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も初めて登ったときめちゃくちゃきつかったです。




2008/01/15 20:57
空 さん
 こんばんは。
最初は3000段位と思っていましたが、中間ぐらいからきつくなり、最後はようやく登ったという感じでした。降りるのも足がガクガクして大変なんですよね!
熊AVI
2008/01/15 22:51
美里町 御坂遊歩道日本一の石段 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる